統計データで見るホテル業界の人手不足|原因や対策を紹介

  • URLをコピーしました!
サービス紹介バナー

ホテル業界は深刻な人手不足で有名です。本記事では、統計データを基に、ホテル業界が直面している人手不足の現状を解き明かし、その原因を探り、実効性のある対策を探求していきます。

目次

人手不足の現状

ますは人手不足の現状を見てみましょう。

こちらは正社員/非正社員別の人手不足企業の割合を表したグラフです。

正社員/非正社員どちらも毎年人手不足の企業の割合は増えていて、正社員に関しては2022年に46%と約半数の企業が人手不足を感じていることがわかります。

こちらは、ホテル業界の企業の人手不足を表したグラフです。

2022年には正規/非正規社員がどちらも50%を超えていて、先ほどのグラフと比較しても特にホテル業界の人手不足が深刻なことがわかります。

以下から、ホテル業界で人手不足が起こる原因やその対処法について紹介していきます。

ホテルで人手不足が起こる原因とは?

ホテル業界での人手不足は何が原因で起こるのでしょうか。人手不足の主な原因を6つを紹介します。

低賃金

ホテル業界では、他のサービス業と比べても賃金が低い傾向にあります。
特に、フロントや清掃スタッフなどのエントリーレベルの職において、競争力のある賃金を提供することが難しいため、求職者が他の業界に流れやすい状況にあります。

労働条件の悪さ

ホテル業界は、シフト制で不規則な勤務時間や、祝日や週末に働くことが多いという特徴があります。
また、ピーク時には過剰な労働が求められることもあり、これが労働者にとって魅力的な職場環境を損なっています。

高い離職率

低賃金や労働条件の悪さが原因で、ホテル業界では従業員の離職率が高くなっています。
新しいスタッフの採用と訓練には時間とコストがかかるため、高い離職率は人手不足をさらに悪化させる一因となっています。

長時間労働

ホテル業界では、特に観光シーズンやイベント時に長時間労働が常態化しています。
これが従業員の健康やワークライフバランスに悪影響を及ぼし、職場からの離脱を促す要因となっています。

ホテルの建設ラッシュ

近年、特に都市部においてホテルの建設が急増しています。
新しいホテルが増えることで、既存のホテルとの間で人材を巡る競争が激化しています。

インバウンド対応のホテルの増加

国際観光客の増加に伴い、インバウンド対応を強化するホテルが増えています。
これにより、多言語対応ができるスタッフや特別なサービスを提供するスタッフの需要が高まり、さらに人手不足が進んでいます。

ホテルの人手不足を解決する方法

ここからはホテル業界の人手不足を解決する方法を紹介していきます。

ホテル専門業者への外部委託

ホテル業務の一部を専門の外部業者に委託することで、スタッフの負担を軽減できます。

特に清掃やセキュリティ、施設管理などの専門性が求められる業務を外部に委ねることで、ホテルの従業員はサービスの質向上に集中できるようになります。

DXの活用

デジタル技術を活用して業務プロセスを最適化することは、効率性の向上に直結します。

オンラインチェックインシステムの導入やAIによる顧客サービス、自動化技術の導入などが考えられます。
これにより、従業員の時間をより価値の高い業務に振り分けることが可能になります。

働き方改革と労働環境の改善

従業員の働き方を見直し、労働環境を改善することも重要です。

フレキシブルな勤務時間の導入やリモートワークの選択肢、適切な休息時間の確保などにより、職場の魅力を高め、離職率の低下に寄与します。

教育の仕組みづくり

従業員のスキルアップとキャリア開発を支援するための教育プログラムを整備することが重要です。

OJTや外部研修への参加支援など、従業員が自己成長を感じられる環境を作ることで、モチベーションの向上と定着率の向上に繋がります。

インターンや職業訓練の活用

学生や未経験者に対するインターンシッププログラムや職業訓練を提供することで、新たな人材を育成・確保することが可能です。

実践的な経験を通じて、業界に興味を持つ人材を早期に発掘し、採用に繋げることができます。

国内外からの人材採用

国内だけでなく、外国人労働者の採用も視野に入れることで、人手不足の解消に貢献します。

多様な文化背景を持つスタッフを採用することで、国際的なサービスの提供が可能になり、特にインバウンド客への対応力が向上します。

RURA Magazine
無人チェックインとは?ホテルでの導入事例やメリットを解説 無人チェックインのシステムやメリット・デメリット、さらに導入に必要な準備を詳しく開設しています。

遠隔接客サービスRURAでホテルの人手不足を解決

遠隔接客サービスとは、店頭に置かれたモニターを通して、遠隔地にいるスタッフから対面と変わらない接客を受けられるサービスです。

スタッフが遠隔地にいるため、展開している全店舗にスタッフを配置する必要がなくなり、売上を下げることなく大幅な人件費の削減が実現可能になります。

また、接客の質の高いスタッフが多くの店舗の接客を行えるという点で売上アップも見込めます。

こちらがRURAの裏側の仕組みです。

接客スタッフは待機画面で複数店舗の映像を確認できます。

お客様が来店された店舗は、センサーが働き画面が黄色くなるので、接客スタッフはワンクリックで1対1の接客に入ることができます。

こちらがRURAの導入事例です。
コワーキングスペースやフィットネスジムだけでなく、モデルハウスや学校、葬儀会館への導入事例もあります。

幅広い業界でのDXを推進するシステムなので、気になる方はぜひお問い合わせください。

RURAに関する情報はこちら
RURA Magazine
ホテルの無人フロントとは?事例やメリット・デメリットを解説 ホテルの無人フロントの概要や活用事例、メリットをまとめて紹介します。

RURAを導入したホテルの事例

JR東日本ホテルメッツでは、遠隔接客サービス「RURA」の導入により、接客品質を維持しながら人員配置の削減と業務効率化を実現しています。

この遠隔接客システムの導入は、新型コロナウイルスの拡大がきっかけとなり、感染防止策の重要性とホテル内の業務効率化の進展が背景にあります。

RURAは、その使い勝手の良さとサポートのしっかりさから選ばれました。
このシステムは、ユーザーインターフェースが圧倒的に優れており、ホテルのスタッフからも高い評価を受けています。

RURAのリモートコントロール機能により、客が自動チェックイン機で何をしているかをタイムロスなく確認でき、必要なときに遠隔操作でサポートが可能になっています。
これにより、お客様が困った場合にすぐに手助けができるようになっており、接客の質を保ちながらも効率化を図ることができています。

実際に、フロントでの接遇業務はRURAを通じて行われており、各チェックイン機の上に設置されたRURAを通じて、来訪されたお客様を出迎えています。

遠隔接客サービスの事例集はこちら

接客の無人化でホテルの人手不足を解決しよう

本記事ではホテル業界の人手不足の原因やその対処方法について紹介しました。

また、接客を無人化して人手不足でも売上を上げるためのサービス『RURA』についても紹介しました。

これからも続くであろう人手不足をDX化などの対策で解決しましょう

カオスマップのダウンロードはこちら
資料DLバナー
よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次