無人店舗実現!おすすめの業種3選とその理由を解説!

無人店舗
  • URLをコピーしました!
サービス紹介バナー

近年人手不足を背景に無人店舗が増えてます。
すぐにでも無人店舗を実現したいがどうすればいいかわからない、失敗してしまうかもしれないなど疑問や不安が多々あるでしょう。
安心してください!
本記事では無人店舗を実現するのにおすすめの業種とその理由の紹介を通してそんな疑問や不安を解決します。

ぜひ最後まで目を通してみてください。

目次

無人店舗とは

まず、無人店舗とは従来のような人が常駐して接客対応を行うのではなく、様々なテクノロジーなどを駆使して受付や決済までもすべて完結できる新しい店舗体系のことです。

無人店舗をうまく実現できれば、人手不足の解消や人件費の削減等が可能になります。
特に人手不足の現代においては採用も簡単ではなく、これからさらに人手不足は深刻化していくでしょう。
将来的にも無人化や大幅な少人化が必須となります。

そこで、自動精算機や自動チェックイン機などを中心に導入する企業も増えてきました。
しかし、どうしてもうまく活用することができず解約してしまうことも少なくありません。
やはり業界やオペレーションを考慮し、無人店舗化を検討する必要があります。

無人店舗はうまく実現できれば大きなメリットがある反面、実現が難しく失敗に終わってしまうケースも少なくありません。

遠隔接客で無人店舗を実現

店舗の無人化実現のためにまずおすすめするのは遠隔接客です。

遠隔接客では、店舗には人がいなくても自宅やオペレーションセンターから接客対応をすることで無人店舗を実現できます。
店舗にタブレットやモニターを設置し、テキストや音声またはその両方を活用して対面に近い形で接客する手法です。

遠隔接客による無人化のメリット

今回は主に3つ遠隔接客のメリットについて紹介します。

無人化でコストを削減できる

まず、受付スタッフの常駐が必要がありません。
店舗にいるスタッフも接客以外の業務に集中して取り組むことができるため、人員の最適化ができます。
また、複数店舗の接客対応を一括で管理できるため、数人で数十店舗の運営も可能です。

結果的に大幅なコストの削減が見込めます。

営業時間の延長がしやすい

遠隔接客では自宅からの接客が可能であることと、少人数での店舗運営が可能であることから、夜遅い時間であっても遠隔スタッフの確保がしやすく、営業時間をこれまで以上に伸ばすことができます。

時間帯や来客状況によって遠隔スタッフの人数を調整することでより、効率的な店舗運営と無人化を実現できます。

新規店舗を展開しやすい

新たに店舗を出店したいと考えた時に悩みの一つとなるのはやはり人手不足です。

遠隔接客による無人店舗では新たにスタッフを用意せずとも初期費用を抑えて新規店舗を出店できます。
他の店舗で成功したオペレーションをそのまますぐに転用できるのもメリットの一つです。


遠隔接客による無人化のデメリット

次に3つの遠隔接客のデメリットを紹介します。

顧客が抵抗を感じてしまう

人によっては画面越しのコミュニケーションに抵抗を感じてしまう方もいます。
無人化できる反面、特に高齢者の方への対応が難しくなってしまうことや気づかれないこと、無視されてしまうことなども考えられます。

問題なく接客できるかをオペレーションに組み込む前にトライアルなどを通してしっかりと検証しましょう。

インターネット環境の問題

インターネットの障害等で遠隔接客のシステムが使えなくなり、店舗運営に多大な影響を与えてしまうことも考えられます。
どうしても円滑な接客を行おうとすると良いインターネット回線が必須になります。

どのツールを活用するかによっても変わってきますので事前によく確認することをお勧めします。

セキュリティの問題

店内の商品や備品が盗難にあってしまうことも考えられます。
人の目があるとないとでは心理的にも犯罪行為を行いやすくなってしまいがちです。
こういった犯罪行為が発生した時に対応が遅れてしまうことはデメリットとしてあります。

他の防犯カメラなどと組み合わせた活用を考えてみるのも良いでしょう。

無人店舗実現にあたり注意すべきこと

人が全く必要ないというわけではありません。
店舗に人が常駐する必要はありませんが、どうしても接客対応をできる人員は必要になります。

また、完全無人化というよりは店舗に常駐しているスタッフの数を減らしたり、半無人化したりする方が簡単に少人化ができます。

無人店舗のメリットとデメリットについてもさらに詳しく下の記事で紹介しています。

RURA Magazine
無人店舗のメリット・デメリットとは?仕組みや最新の国内事例も紹介 店舗の無人化に成功すれば、売上を落とすことなく人件費などの費用を抑えることができます。店舗運営のポイントを解説していきます。

遠隔接客サービスRURA

弊社が提供する遠隔接客サービスRURAでは、対面での接客とほぼ同等の接客を遠隔で行えます。

無人化による人件費の削減に関しては数人で数十店舗の接客対応が実現している事例もあります。

また、業種ごとの事例やトライアルなどを通してどのような接客がよりベストなのか考え、オペレーションの構築をサポートします。

詳しくは資料をダウンロードいただきご確認ください。

RURAに関する情報はこちら

無人店舗におすすめの業種

ここからは弊社の導入事例をもとに業種別にどのような悩みがあって、どのようにして店舗の無人化を実現できたのかを解説していきます。

皆さんの無人店舗実現の参考にしてみてください。

ホテル業界

まず一つ目にホテル業界はおすすめの業種になります。
ホテルではスタッフを受付カウンターに常駐させるにはコストがかかるうえ、清掃など受付以外の業務が山積みです。
コロナ禍で特に業界離れと人手不足が深刻化しているホテル業界では将来的な無人化や省人化が不可欠になってくるでしょう。
受付業務を無人化できるとコストの削減だけでなく人材の再分配が可能になり、業務の効率化が図れます。

ホテル業界ではすでに自動チェックイン機を導入されているところが多いです。
しかし、その自動チェックイン機を十分に活用できているでしょうか?

自動チェックイン機を最大限活用して受付業務の無人化を実現する方法については下の資料をダウンロードください。

ホテル×遠隔接客 お役立ち資料のダウンロードはこちら

フィットネス業界

次にフィットネス業界です。
フィットネスジムの新店舗を出店したいが人材の確保が難しいといった悩みをかかえる方は多いかと思います。
また、24時間営業のフィットネスジムも増えてきた中で、営業時間を延ばしたいのに深夜のシフトが埋まらないといったこともあるでしょう。

弊社の事例には無人化に成功し、4人で70店舗の接客を実現した24時間営業のフィットネスジムもあります。
人件費の大幅削減はもちろん、売り上げの向上にも効果を発揮しました。
詳しくは下の資料をダウンロードください。

フィットネス×遠隔接客 お役立ち資料のダウンロードはこちら

葬儀業界

意外に思われた方もいらっしゃるかと思いますが葬儀業界でも多く遠隔接客を導入いただいています。

人手不足が深刻で受付スタッフを常駐させることができない。
しかも、専門的な知識が必須のため簡単にアルバイトでの採用もできない。

そんな悩みを抱えていた葬儀会館でも、遠隔接客でスタッフが常駐せずとも一人で全会館での受付対応を行えるようになりました。

詳しくは下の資料をダウンロードください。

葬儀会館×遠隔接客 お役立ち資料のダウンロードはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は無人店舗実現におすすめの業種について紹介しました。
特に遠隔接客を活用した無人化をおすすめしました。
弊社の遠隔接客サービスRURAにはまだまだ紹介しきれなかった魅力がたくさんありますのでぜひ詳しくご覧ください。

最近ではいろいろなところが無人化しています。
これからも今までは無人では運営できないと考えられていた業種で無人店舗が誕生するかもしれません。
私たちは皆さんの無人店舗の実現を願っています。

カオスマップのダウンロードはこちら
資料DLバナー
よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次